脳の病気を知って治療をする【徹底検査でわかる精神の病】

喜ぶ

精神病に脳は関係する

医療

精神病には脳の病気が関係していると精神科でも診断されるようになりました。精神病が起こる原因は、ただ単に周りからのストレスということだけでなく、脳の病気や損傷によって精神的にダメージを受けることもその一つと言えるのです。

View Detail

経験や外的要因で発症

カウンセリング

脳の病気は心身症と異なり、心の病ではなく脳の病気です。そのため心療は精神科で行う必要があります。過去の経験やストレスなどの外的要因が重なり、脳がコントロールを失うと精神病へと発展しやすくなるため、防止するには心のゆとりが大事なのです。

View Detail

病気の判断材料

悩む女性

脳の病気は深刻なものであり、関連性のある心の病気も放置することで慢性化や悪化を招き、時として大病へと発展するケースも現実問題として挙げられています。精神科では、脳の働きによって左右される疾患に強みを持ち、治療や療法、ケアに励んでくれています。

View Detail

脳と心の関連性

医療

正しい診断

自分の目の前にある人生に対して実感が失せたり、身体が現実から離れて行く感覚に襲われた場合、人は精神的な病を疑って精神科に足を運びます。こうした症状は自律神経の病や離人症などでよく見られるものなのです。しかしこうした症状は時として脳の病気から発生するものもありますので注意が必要です。もちろんまずは精神科に通う事が大切ですが、脳の病気が疑わしい場合、きちんとした検査を受けさせてもらいましょう。離人症のような症状は癲癇でも起きる事があります。特に入り組んだ病気の診断は一人の医師では行なえない場合もありますので、現在通っている病院で下された診断が信頼できない場合は総合病院に足を運ぶ事も大切です。総合病院には多様な診療科がありますので、特定の科で病気の原因が判明しなかった場合別の科の医師と連携して検査を行なってくれます。医療の世界で誤診は珍しい事ではありませんから、精神科にかかって治療を開始しても体調が改善しない場合セカンドオピニオンを受けられる医師を探してみましょう。

心の病気とは何か

統合失調症や鬱病の原因は明確には判明していません。遺伝や心因的なものなど多様な説が存在しています。しかし中にはこうした精神的な病は脳の病気から発生すると言う意見もあり、今後器質的なメカニズムを解明する事によって心の病の謎も紐解かれるかもしれません。精神科で処方される鬱病の薬の中には実際脳に作用して症状を和らげるものも存在しているのです。今後の精神科は益々脳の病気を意識した上で心の病に向き合うようになるでしょう。精神的な病にかかっているように見える人の中には一定量脳の病気に犯されている患者さんも存在しているため、大切な視点です。特に精神的な病と言えば社会的な偏見を浴びる事も多い病気ですが、身体的なメカニズムが解明される事によって差別的な視線も薄らぐ可能性があるのです。もちろんそうしたメカニズムが判れば今以上に効果的な薬が発明されるでしょう。精神的な病に対する偏見が薄れれば、それに伴って社会生活を送る上で支援制度も整うのです。特に仕事や結婚は大切な取り組みであり、病を抱えている人がこうした営みを続けられるように援助が必要です。

脳が病気になると起こる

ナース

脳は私たちの生活に大きな役割を果たしています。脳の病気になると、体に影響を与えるだけではなく、心にも影響を与えることがあります。精神病は精神科に通うことが普通ですが、脳の病気が心の病に影響していることは否定できないのです。

View Detail

脳と精神症状

悩み

最近の精神科では認知症や脳梗塞の後遺症も扱います。今後精神科は、様々な病気の精神症状を治療するサポート役となっていくでしょう。精神的な症状がある場合、脳の病気などの身体的な原因もチェックしておくことが大切です。

View Detail