脳の病気を知って治療をする【徹底検査でわかる精神の病】

女性

病気の判断材料

悩む女性

脳と心の関連性

統合失調症や躁うつなど、精神疾患は心を持つ人間特有の病でもあり、脳の働きとなる気分の不全によって左右されやすいのが特徴です。特に近年、脳の病気を疑い、脳神経外科での検査を受ける方々は多いものの、そのまま精神科を受診するよう促されるケースが増えています。統合失調症と呼ばれる精神疾患も同様で、症状としては妄想や幻覚を伴うなど、うつ状態から悪化した症状では現実離れするケースも問題視されています。注意点としては、一種のノイローゼのような症状ではない点や、脳内に形態的な異変が生じているわけではない点です。ですが、脳の病気として化学的な変化が起こり、様々な症状を招く可能性が否定できないのも現実です。精神科を含め、脳神経外科においても、脳内物質との関連性から、抑制できる薬物療法を提案しています。統合失調症など、脳内の働きかけが大きい疾患に関しては、遺伝的な素因が大きいと言われている点にも注意が必要で、脳と心の病気の関係を切り離すにはどの遺伝子が素因を握っているのか、研究や解明されるまでは専門性の高い治療を受ける必要があります。

リフレッシュできる

精神科では、脳の病気としても周知されているノイローゼやうつ病などに対しても研究が進められています。最新の脳研究によって、脳の病気と心の病気が関連していることも解明されはじめています。現代人にとっては、外から見ると、怠けているように見えてしまいがちな慢性疲労症候群に関しても、脳が関連性を持っていると指摘されています。脳の病気を疑って検査した結果、異常が見られないケースが多かったものの、医学の進歩によって、脳内の広い範囲で炎症が引き起こされていることが病名を付ける判断材料として示されるようになっています。関節痛や筋肉痛、さらには異常なまでの倦怠感が長い間続く症状があるため、進歩した療法によって、こうした心と身体の不調を緩和させることが可能です。現代人にとって、仕事面では異動や昇進などがあり、無理を続けることによって脳内の炎症が広がり、自分の力で回復できない状態に陥ります。精神科では睡眠の質に着目し、障害を緩和させられる一工夫として、休憩時間などを利用し、休息できる安眠ルームを提供するなどし、心と脳、身体をリフレッシュさせる内容で症状を和らげられる利点を挙げています。