脳の病気を知って治療をする【徹底検査でわかる精神の病】

女性

脳が病気になると起こる

ナース

代表的な脳の病は

脳は私たちの日々の生活に必要な動くこと、話すこと、笑うこと、なにに何しても重要な役割を果たしています。老化するなどでこの脳の働きが悪くなることによって動きが遅くなったり、物忘れが激しくなるのです。人間は年をとるものですので、老化することは仕方ないと言えますが、できるだけ健康でいられるよう努力することは必要なことです。また脳の病気になると体の動きなどに支障をきたすことがあります。脳の病気で代表的なものはいくつかあります。まずは脳腫瘍などの、脳自体に腫瘍ができる脳の病気です。これができることによってできた方と反対側の体に麻痺などが起こったり、言葉を上手く話せなくなったりします。次に脳卒中と呼ばれる脳梗塞などを総合した病気です。これは脳の血管などが細くなり破裂することによって、その周りの脳の機能に障害がでるものです。脳の病気はこのように日常生活になんらかの支障がでることが予想され、しかも重大な影響を及ぼすことが考えられますので、その予防に努めることが大切です。

精神病と脳の病の関係

脳の病気は日常生活に影響を及ぼすと述べましたが、それ以外にも脳の病気が怖いのは、精神病になることがあるということです。ある精神科医が研究において、脳に損傷を負った人が精神的な病気にかかる可能性があると言っています。精神病とはその名前の通り、精神的な病気ですが、その原因は非常に様々です。精神病になったとすればまずは精神科を訪れることになりますが、精神病の大きな特徴は、精神科に通うべきという病気の認識が浅いということです。精神科に通ってくる人のうち、見た目などですぐ精神病であるとわかる人は少ないです。実際に目に見えてわかる段階になるとかなり進行しているとも言えます。脳の病気にかかったり、外的な損傷によって、暴力的になるなど不安定になる場合があります。脳は私たちの体に作用するだけではなく心もコントロールする力があります。それが病気や外的な損傷によって損なわれることになるのです。もちろんストレスが原因であると言えることもありますが何らかの形で脳の病気が影響している可能性があるのです。